gracefuldays

【寝釈迦】常楽山 萬徳寺(千葉県館山市) ~内房沿い日帰り御朱印めぐり 3~

   

次に向かったのは洲崎神社から車で10分ほどにある大きな涅槃仏(ねはんぶつ)が話題の萬徳寺です。

涅槃仏とはお釈迦さまの最期の姿(横たわって寝ている姿)を表したものだそうです。

こちら赤い門の脇に数台停められる無料の駐車場がありましたが、前日が雨だったため、駐車場にはおっきな水たまりができていました。ここから徒歩で急な登坂を200mほど登っていくと入口にたどりつきます。

mantokuji (1)

入り口で拝観料500円を払い入場しました。こちらは展望台です。見晴らしがいいですね。ちょうどこの後ろ辺りにお釈迦さまのお姿が。mantokuji (2)

参拝が終わると帰り際にお煎餅とお茶を頂きました。mantokuji (3)

常楽山 萬徳寺の涅槃仏 参拝レポート 感想、口コミ

拝観料を払い入場すると、まず初めにインド風の民族衣装の恰好をした女性から参拝についての説明を受けました。ここではお釈迦さまが寝ておられるらせん状の台座を右繞三匝(うにょうさんそう、仏に対して右回りに3回まわること)の礼で参拝するそうです。

参拝方法は以下の通りです。

  1. まず線香を5本取り火をつけます。
  2. お釈迦さまの前の線香台に線香を供えて手を合わせます。
  3. 台座の最下段から上がり、手を合わせながら時計回りに3周歩きます。
  4. 台座はらせん状になっているため、3周まわると上段のお釈迦さまの足元に到達する構造になっています。
  5. 足の裏にある足紋(転法輪)に額を当てて祈願すると願いが叶うとのことでした。
  6. 参拝が終わると台座を直線的に(階段を下りるように)下りてよいとのことでした。

本堂や拝殿などの建物は一切なく、お釈迦さまのみが横たわっているだけなので、恐縮ながら少し殺風景ではあります。

写真撮影はお釈迦さまのみの直接撮影はNGですが、人物が入ればOKとのことでした。

土日の午後でしたが参拝客は少なく、一組のカップルと一緒に説明を受け、同時に参拝しました。

参拝方法は事前に教えて頂けたのでわからないことはありませんでした。

霧状の小雨が降っていましたが、合掌しながら歩くので、傘はさしませんでした。

また残念なことに、御朱印は今はやっていないとのことでした。

スポンサーリンク

 - 未分類

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

【静岡県】伊東の遊季亭に宿泊しました(夕食編)

前回はお部屋をご紹介しましたので今回は夕食をご紹介します。 お食事はお部屋ではな …

中伊豆 冷川温泉にある「ごぜんの湯」に行ってきました。アクセスは?混雑は?

伊豆にある秘湯をネットで探して見つかったのがこちらです。 日帰り入浴可能で源泉か …

HISのバスツアーで立山黒部アルペンルートからまだ雪の残る黒部ダムに行ってきた

旅行の行き先が決まらず東京発のバスツアーをネットでいろいろと検索してみるとHIS …

2泊3日の京都旅行で絶対に行きたいスポットを効率良くまわる方法 1日目

JALパックツアーで4月23~25日にかけて京都に行ってきました。 2泊3日のフ …

近畿旅行1日目 京都に行ってきた(二条城・京都御所コース)

二条城・京都御所コース (距離:約4km、所要時間:約5時間) ■二条駅  ↓6 …

【静岡県】伊東の遊季亭に宿泊しました(お部屋編)

静岡県伊東市の高級宿・遊季亭に宿泊してきたのでレポートしたいと思います。 お部屋 …

国立西洋美術館のラファエロ展に行ってきた

10時に上野に着いた。 終了日間際の土曜日ということもあって列が出来ていたが、そ …

近畿旅行2日目 改修工事中の姫路城を見学してきた

大阪発→姫路城 ■なんば ↓1時間50分(阪神なんば線) ■山陽姫路 ↓徒歩15 …

伊豆城ケ崎にある日蓮上人ゆかりのお寺「蓮着寺」に行ってきました ~伊豆の御朱印めぐり 1~

静岡県伊東市までの一泊二日の旅の二日目はあいにくの雨となりましたが、伊東市をさら …

【絶景】洲崎神社(千葉県館山市) ~内房沿い日帰り御朱印めぐり 2~

崖観音・大福寺の次は、内房をさらに南下して館山まで行ってきました。 一般道の内房 …